簡単ダイヤモンド買取術 ダイヤモンド買取の際は様々なリサーチをしたうえできましょう。

ダイヤモンドの値打ち

ダイヤモンドの値打ちはさまざまな方法によって測られます。

本日は、その基礎となる4Cについてご紹介させていただきます。

この4Cを理解することで、ダイヤモンドの買取のさいも、ある程度の予測ができるでしょう。

特に宝石の買取は、騙したり騙されたりすることが多いため、必ず下調べを行ってからやってみましょう。

まず、4Cとは、Cから始まる4つの言葉をあらわしています。

それが、Cut、Color、Carat、そしてClarityです。

一つ一つ説明すると、Cutとはダイヤモンドの形のことです。

ダイヤモンドをカットするため、その形が、値段に反映します。

次にColorですが、これは色のことです。

ダイヤモンドの色にも人気の色や、特徴のある色などさまざまです。

次にCaratですが、これはよく聞く名前だと思いますが、何をあらわしているのか分からない人が多くいます。

実はこのCaratとは重さのことをあらわします。

ダイヤモンドが重ければ重いほど、値打ちがあるといえます。

最後にClarityですが、これは線明度になります。

ダイヤモンドが透き通って綺麗であれば、その分値打ちが高くなります。

このように、それぞれのダイヤモンドには違った特徴があります。

同じ4Cを持っていても、違う値段がつく場合があります。

それは、ダイヤモンドの傷などの状態が影響していたり、天然物の石のため、また違った特徴が入ってくることもあるからです。

Comments are closed.

Post Navigation